現在の閲覧者数:
 
■プロフィール

畦地真司

Author:畦地真司
あぜっちのブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ドラクエ風xxxがあがった!

flash boreal kiss

■FC2ブログランキング

押してくれるとスゴク嬉しい

FC2Blog Ranking

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
餌木の話
最近はエギングブームも大分落ち着いてきて感じですね、昨日釣具の引越しをした際に餌木も整理したので、少し触れたいと思います


P1010006.jpg


ちなみに餌木を使った釣りを最近では「エギング」と呼び鹿児島が発祥の地とされています
昔は「イカ曳き」と呼んでます鹿児島では昔からやってる人はイカ曳きと呼ぶ人が多いね

↓これは鹿児島で売られている一般的な餌木、普通のメーカーの餌木と一緒に釣具屋で売られています
P1010008.jpg

山川型と呼ばれる型で鹿児島県 指宿市 山川町で生まれたことから山川型
大体の餌木は山川型です、後は大分型なんてのもあります

P1010007.jpg


↑画像の餌木は私の祖父の餌木、遺品を整理した時に出てきた物で10~15年近く昔のもの

そう言えば鹿児島では「餌木のボディに触ってはいけない」と言われます、何じゃそりゃ?と思われますが本当です、

私も小さい頃に餌木を触っていて祖父に大目玉を食らったことがあります

これは現在の布巻き餌木ができる前、まだ木の地肌に焼いて模様を付けた餌木が主流の頃(江戸~明治)人間の手で餌木を触ると木の小さな穴を手の油などでふさいでしまい、穴から出る気泡が出なくなり釣れない、というのが最近まで伝わっていたのでしょう

もう一つは、イカ曳きは、かつて武家・武士の高貴な遊びだったため刀と同じように扱う作法があったとも言われています。

餌木一つでも結構歴史ロマンがあるもんですね~

それでは又
スポンサーサイト


釣り | 05:45:05 | Trackback(0) | Comments(1)
http://www.fezero.jp/monomousu/ega_clock.aspx
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-02-12 火 14:10:59 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。